2009年 3月

遭難するか、ギリOKの無事生還か!?…ってトコに挑戦するのがチャレンジャー!?
良いお天気に、つい挑戦心が掻き立てられ、アレぴょを伴って散歩に出掛けた。
足の向くまま、気の向くまま。
土曜日だったので人出も多いハズ、人の気配の少ない方へ歩いていこうと、行く先も決めずに気楽に出掛ける。
まず大通りへ。意外と空いてる。
海へ。そんなに混んでない。
海岸に出る。まァまァの人出で、歩けそう。
null「コレなに!?良いモノかもよ?」
じゃあ、いつもの通り、坂ノ下方面へ行ってみよう。
寒いかもと沢山着込んできたので暑くなり、フリースを脱いでバッグに詰め込む。う●ちバッグなので、ちと、お匂いが〜。
坂ノ下で一旦国道に上がるけど、ずんずん歩く。
時々、立ち止まって背伸びをし、海を覗いて見ると、アレぴょも立ち上がって一緒に覗く。
閉まってる駐車場で、訓練をしてみる。良い感じ。
いつもと違う場所でのおべんきょに、ニッコニコで楽しそうなアレぴょがピョンピョン跳ねる。
null
だいぶ、あったまったのでさらに先へ歩く。
稲村ヶ崎の手前の海は、とても澄んでいて綺麗。釣り人がのんびり糸を垂らし、並んでる。
null null
この辺りには、少し観光客。なんたって絵葉書みたいな良い景色〜。
昔々高校を出たばかりの頃、免許取りたて初心者ドライバーの私と仲間達で、稲村洞穴探検を企てた。(今は崩壊の恐れとかで、立ち入り禁止になっている。)
null
それぞれが懐中電灯を用意して、いざ穴の中へ。
大した穴ではなく、大した発見もなく、でもなんとなく面白く遊んで外へ戻ろうとした。
ところが、潮が満ちてきていた。
さっき歩いて入った入り口は、海水がひたひたで進めない。
どーしよう…。
波のリズムを読んで、一人ずつ走るのだ!誰かが提案する。よしっ!
一人、また一人と、縄跳びの輪に入るように洞窟から飛び出していった。
そして、私の前のK美の番。
走り出した彼女は、重たい砂地に足を取られ、見事にスッ転んだ。服も靴もベッチョベチョ。
そして、良い具合に襲ってくる波。
「キャ〜逃げろ、K美!波が来る〜っう!」
笑い転げる私達。
自身のあまりの失態に笑ってしまい、力尽きてどうにでもなれ状態のK美。
助けに駆け戻る良き仲間。
そんな昔の大笑いが、背中に聞こえてくるような気がした。
null
さて、ココから更に七里ガ浜方面に向かっていこう。
砂浜が狭くなってるな〜。
由比ガ浜とは違う貝が落ちてる。面白い。
気が付くとすぐ鎌倉プリンスの看板が見える。
大きな駐車場があるので、デートなカップルで春爛漫な場所。
そこを超えるとまた誰もいない海岸になる。
七里ガ浜の小さな川には、ご丁寧に小さな橋が架かってる。可愛い〜。
川を遡って歩いてみたい衝動に駆られ、上流を覗き込んでしばし考え込む。…でも、今日は止めておこう。
ハーパンでビーサンの季節になったら、やってみよっと。
七里を過ぎるとやや疲れが出てくる。
江ノ島がだいぶ大きく見える。
null
どこまで行く気なのか、今日の私。
国道沿いに歩いているから、遭難は無いにしても歩いて戻らなくちゃならないのは覚悟の上だ。
そんなコト考えながらも根性出して、鎌倉高校前まで来てしまった。
ココまで来たら、小動(こゆるぎ)まで行っちゃおう〜!
武勇伝さっ!
null null
行き着くトコまで行ったら、嬉しくって家族に報告メールを送る。
「ど〜だぃ、やったぜぃっ!」
(ところが電波が無いのか、送れない)
携帯握り締め、海岸を戻る。
「アレちゃん、疲れたから、帰りは舗装された道で帰ろうね。」
私が呟くと、振り返ったアレぴょは迷わず階段を昇り始めた。
コイツは、カンペキに言葉を理解している!
階段を昇りきると国道に出られ、メールは送信された。
国道の海岸側には歩道がないので、押しボタンを押して信号を渡る。
江ノ電が藤沢方面へ走り去る。
いいなぁ〜アレぴょと江ノ電乗りたいなぁ〜〜〜。
なんで犬は電車に乗っちゃいけないのかなぁ〜〜〜〜〜。
null null
舗装された道の歩きやすいこと、あっと言う間に稲村ガ崎に到着。
ココまで来れば半分帰ったようなモン。
null
帰り道の秘密の広場で、疲れも忘れてまたボール遊びしちゃう。
元気な犬と、アホな飼い主。
お互いいつまで元気でいられるか解んないンだから、一日一日を思いっきり楽しく過ごしていこうと思い始めてる。
一緒に歩ける幸せ。一緒に遊べる喜び。
今日も良い日が過ごせました。
今度は、葉山方面に挑戦してみよう〜っと♪

花粉飛び交う苦しい空気から逃れ、南の島サイパンへウィンドサーフィン合宿に行った来た。
雪の国から椰子の国へ。
ε=ε=ε=(ノ^∇^)ノ
こっちが寒い時にゃ〜、あっちは良い風が吹く。
自然相手の遊びなだけに、滞在中まったく吹かない時もあるそうだけれど、私はとにかく日ごろの精進のオカゲか?遊び運だけはツイちゃってるのだ。
null null
緩く吹いてる日に始まり、年に5回と地元も喜ぶ超ドン吹きの危険な日、私にちょうど良い練習日…といっても3.5のスクールセイルでプレーニングの有難さ、そしてバランス練習の緩い風と、毎日各種の風が吹く。
SPF50の日焼け止めをたっぷりと塗りたくり、帽子を被り、それでも容赦無い太陽を浴びて焦げながら遊び呆けた。
null null
ほんでもってカロリーの高そうな食事の美味しいコト!
消耗した体脂肪は、すぐに補給しなくっちゃね?行って来いっっだ!?
食べ放題のバイキング料理を、お皿に山盛り、何度もおかわりした。
ウチに居た時には、花粉症で薬を飲み続けていた。腰を痛めていて痛み止めも飲んでいた。シップも貼っていた。
ウィンド出来るかな〜と不安だった。海に出るの、ずいぶん久々だし。。。
ところがどっこい!行ってしまえばすっかり別人に変身した私。
花粉症も痛み止めもシップも、薬なんてまったくいらない。
null null
太陽が沈んだらすぐに寝て、明るくなったら起きて海へ。
自然の中で朝から晩まで遊ぶと、体も自然のリズムに忠実になるンだね。
毎日毎日飽きるコトなく海に通い、来る日も来る日もウィンド三昧ですっかり腕は太く逞しくなった。
null null
おまけに出てる部分は黒く焼けた。
つまり黒マッチョ。アジアのゲイみたいなモンである。
帰ってきたら、ゴルフのスクールレッスンの振り替えが溜まっていた。
都合で、三日間立て続けにレッスンを受けるスケジュールになってしまった。
二日目なんか、午前・午後と一日中レッスンだ。
個人強化合宿と名づけて、熱心にクラブを振るう。
毎日通うンだから、クラブも預けようかと思っちゃうくらい。
先生はこの時とばかりに、なにやら気合が入る。
続けてやると、急にうまくなったりするからだろうか。
週に一回では、思い出しただけで終わってしまうからね〜。
この強化合宿で、クラブを握る力の入れ具合とか、アドレス、バックスイング、かなり改善された模様。
お陰で左腕は誰の腕!?ってくらいに筋肉が張って太くなり、スイングは女子プロか!?ってくらいにカッコ良くなったとか!?!?
さていつまで続くかこの成果…。
とりあえず今のところは、ウィンド合宿に続くゴルフ合宿で、アジアのゲイは黒マッチョッ!なのでした。

雨続きの毎日で、すっかり散歩不足。
何かコトあると、ハシャギ爆弾がドッカ〜ン!爆発しそうなアレぴょがウズウズ。
そんな中、シェパML仲間のオフ会が丹沢のドッグランとそばの川原で開催された。
関東オフと言うこの会には、新潟、茨城、静岡、千葉、神奈川県内の各地から、27人と18匹が集まった(…ンだって。興奮状態の私は数えられるハズもなく、ML仲間の幹事ブログから情報を得たのであった)
悪性リンパ腫の余命宣告を受けた、ML仲間のシェパ君がいる。
いつも関東オフ会で会う、とても元気な若い子なので、命に関わる病気になるなんて思いもしなかった。
でも治療がうまく合ったようで、幸いな事に数値は良くなってるみたいだ。
元気な様子に、みんなの快復祈願を届けようと集まるコトになったワケ。
届け、元気玉〜!
ところが当の本犬は、やる気の無いアレぴょなんかよりず〜っと意欲に満ちたキレの良い動き。
これなら大丈夫、病気の方が逃げてくね!
null
みんなが揃ったところで、ドッグランへ。
足の股くぐりゲームしたりして盛り上がる。
null
アレぴょは、二度ほどガゥガゥして「ごォらァ〜!」の怒号が飛んだ。
それ以降は、ガゥきれない犬数に諦めたのか、犬社会のストレスの波に揉まれても耐えていた。
null
ドッグラン慣れしてる子たちは、仲良く一緒にボールを追っている。
ディスクドッグの世界大会にまで出たコンビの、華麗な動きも見せてもらった。
null1才の訓練士「しゅわりぇ」
時々あちこちで怒号は飛んでたけど、シェパ飼いはガゥガゥに慣れてるから流血事件は無し。
貸切じゃないので他の利用者さんも居て、中には大型犬ゾーンなのに、ちっちゃいポメラニアンを入れて遊ばせている大らかな人も。
小型犬の味見をしたくてしょうがないシェパ君が、臭いを嗅いだついでに前歯でパチパチし、そのとたんのポメちゃんの逃げ足の速いコト。超デキの良いチョロQのよう。
−−− ==ΞΞ ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(ヘ(≧▽≦)ノ
同居犬はニューファンドランドというコレまた超大型犬なので、いつものコトよ〜、と飼い主さんは大らかに笑っている人でした。
null恋のアタック!
お昼になったので、犬達を車に仕舞って河原に移動。
車を齧られても困るので、ソフトバリケンに入れてアレぴょを待たせるコトに。一抹の不安を感じたのは、やはり悪い予感の的中に…。
BBQは、COSTCOで仕入れてきた食料の数々。
バックリブの塊肉、カルビ焼肉用、プルコギ、ミスジステーキ肉、ソーセージ、海老、ハイロール、モッツァレラチーズ。
手作りパン、サラダ、鯨肉、ローストビーフやたこ焼きを焼いてくれた人もいて、次から次へと出来上がる料理に群がる面々の食欲は、尽きるコトがないように思われた。
null
そして何よりのご馳走は、丹沢の美味しい空気と、そばを流れる綺麗な川のせせらぎ。
こんな、目に美味しい環境で、大好きな犬繋がりの仲間で犬話で盛り上がりながら頂くBBQは、何を食べても幸せで美味しいに決まってるのだ。
null八海山入り焼きそば
行きの運転してくれた息子A。帰りは私が運転するから飲んでいいよ。
箸と皿を手に持った瞬間にはもう、嬉しそうに缶ビールを開けていた。
ほとんどがペアで参加していたので、一人がシラフで黙々と食べ、もう一人が上機嫌で赤い顔担当。
nullこっちょ!リードを持たれて連れて行かれるアレぴょ
昼から長い時間掛けて、かなりの量のごちそうを食べつくし、日も暮れかかって冷えてきたのでそろそろ撤収。
車を開けると、ソフトバリケンの角から大きなお鼻を出して笑ってるアレぴょがいた。
そんなトコに窓は付いてなかったハズ。待ちくたびれたアレぴょが改造したの〜。
やっぱりやられた。甘かった。( ̄□ ̄|||)がーーん!
帰り道、でっかく「MARIRIN」と書いたガムテープを胸に貼ったまま、バーミアンへ。
お客さんの視線が妙に痛かった。
あれだけ食べてたのに、また夕食もしっかり食べちゃった。
こんなに仲間思いの心優しきシェパ飼い達。
一緒に笑えば、楽しさは何倍にも膨らむね。
そして命あるものは、いつかは別れる時が来るのだけれど、一人で受け止めるよりは一緒に涙を流してくれる友達がいれば、悲しみはきっと半分になる。
ありがたい仲間に感謝。また会おうね!
そして今のこの楽しさを、う〜んと満喫しよう。
null

今年は、花粉症、大丈夫だ。
去年に引き続き、もう治ったのかもよ!
…なぁンてタカをくくっていたら、突然来ましたドカ〜ンとね!
雨の合間、良いお天気の昼下がりに、のんびり浜辺を犬とお散歩。
そんな絵に描いたように暇なコトしてたら、バチが当たったのか?
その日から、鼻はぐしゅぐしゅ水ッパナ。
喉は風邪引いたように痛くなる。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりの三拍子が揃って襲い掛かり、呼吸困難に陥る私の小さな鼻。
翌日、友人の医者に診て貰い、薬を飲んでじっとしてる。
奮発して買った、お鼻に優しいティッシュの箱を抱え込んでね。
外なんか嫌いだ。
目に見えない毒が、空気の中を飛んでいるンだ。
おちおち息も吸えやしない。
こんな季節は、締め切った部屋でテレビが一番さっっ。
ソファにどかっと腰をすえ、光線治療をしながらテレビをつける。
すぐに胸から膝、足先までを埋める猫数匹。
重い。重すぎる。
一匹7キロのが二匹で14キロ、三匹で…。
こんな重荷を載せてちゃあ、休憩もリラックスもないモンだ。
でもそれに耐えてじっとテレビを見る。
するとどこからともなく、ポーが現れる。
我が家の猫6匹の中で、唯一、テレビを見る猫、ポーちゃん。
番組の好みがあるのかどうか知らないけれど、アメリカ大統領選のニュースの時はかなり真剣に見入っていた。
ニュースや天気予報は好きらしい。
特に天気予報で、棒を使った天気予想図の解説には興味がそそられるらしい。
null
そしてアニマルプラネットで生き物が動くのは、もっと堪らない。
お花畑にちょうちょが飛んできたりしたら、黙っていられない。
null
鳥が写ろうモンなら、伸び上がって捕まえようとする。
視聴者参加型のポーちゃん。
今日もまた画面にカブリツキで、テレビを楽しんでおられるようです。
null
猫視聴率は、ちょいとひとつ上げといてください〜。

ブログ

最近のコメント