2008年 7月

「あ”〜〜〜!!!」
下手に開けようとすると防犯のクラクションが鳴り続けると言う、ご近所に恥ずかしい事態になる。
幸い、全ての窓を少しづつ開けてあったので、手は入らないけど、それなりの工具で引っ張ればドアロックは簡単に開けられるだろうと。
夕方で日差しがなくて、犬たちを閉じ込めてしまったコトには良かったけど、ウチまで片道・小一時間かけて戻ってスペアキーを持ってくるか、JAFさんのお世話になるか?
訓練士さんも獣医さんもJAFの会員だったので、JAFさんに助けてもらおうという事になった。
電話で車種と事情を話し、到着まで小一時間、待合室でまたおしゃべりに興じる。
居場所が獣医さんで良かった。
お財布も携帯もすべて車の中だから、路上だったらどうしようもなくお手上げだ。
到着したJAFさん、さすが車のプロだけあって、窓からロックを外そうという提案に、この車はキーロックで開けないとダメなンだと言う。
運転席のドアの鍵穴も、下手にいじると中でバラバラに分解して開けられなくなる仕組みなンだって。
防犯意識が強くて、アレぴょみたいな車なンだね〜。
<ワン、ワン!>
そうなると、後部ドアに挟まったままのキーのロックボタンをなんとかして押すしか方法はない。
小さな座布団みたいなのを3個ドアに挟んで、血圧測るみたいにシュッシュッと空気を入れて膨らませ、ドアを浮かせる。
「中に犬が二匹乗ってますから…」
訓練士さんがちょっと心配する。
ドア開けたとたんにJAFさんに襲い掛かったら、恩を仇で返すってコトになっちゃうしぃ。
車をいじる怪しい仕事だけど、でも心配するに及ばず、犬たちは吠えもせず大人しかった。
獣医さん疲れで、もう寝てるのかもしれない。
夕暮れせまり、辺りは薄暗くなってくる。
懐中電灯を照らしあいながら、歯を診るミラーも借りたりして4人の怪しい男女が車上狙いと化す。
「ボクも同じ車に乗ってた頃、おんなじコトしましたよ!サーフィンしてて帰ろうとして、海でやっちゃいまして。
しょうがないから自転車借りてウチまで戻って、キー持って戻って…ね〜。」と、獣医さんの経験談。
(今からでもウチに連絡して、もう帰宅してるだろう家族にキーを届けてもらおうかな)
一時間近く経って、諦めかけたその時、
<ガチャ!>
「開いたっっ!!」
「ワアア〜!!!」
大慌ててで助手席のドアに飛びつき、開けてくれた獣医さん。
もう二度とキーは手放しません。
ポケットに入れます。
その辺には絶対、置きませんから!
JAFさんは、成し遂げた仕事に満足そうに書類を渡して帰って行った。
きっとJAFさん同士、営業所とかで会うと、
「いやぁ〜今日はさ、○○の車でドアにキーが挟まってるのをさ、こうやってロック外したンだよ〜。エアーバッグ(…というのか分からないけど)は3個は必要だね。横に二個、下に一個、多めに持っといた方がいいね。」
…とかって、話してるンでしょうね〜と、訓練士さん。
一人で移動する仕事してると、話がしたくなるンですよね〜。
訓練士さんが以前JAFさんのお世話になった時の話も、JAFさんが、
「あ〜っちゃ〜、やっちゃいましたね〜。」
みたいな感想言いつつも、腕まくりな<やる気>をみなぎらせていたって。
いろんな困った事態に駆けつけて、なんとかしてくれるJAFさんは、偉い!
そして吠えもせず、もしかしたら寝てたかもしれない犬たちも偉かった。
ともかく、人騒がせなお出かけだったのでした。
JAFさん、有難うございました〜!
(≧ε≦)b

先々週くらいのことなンだけど、犬たちのフィラリア検査の為、獣医さんへ行った。
獣医さんのコトを、もぉ〜ンの凄く怖がるアレぴょなので、訓練士さんにも同行いただいて車でGo〜!
午後の診察が始まる時間に着いたら、来院ラッシュタイムだったらしく、次々に来る患者犬たち。
みんな片手抱っこサイズの可愛いワンコたちなので、その子達の診察が終わるまで車の中で待機。
小さいワンコに吠えられてもまったく動じずスルーできるウチの犬たちなンだけど、見た目がコワモテなアレぴょもいるから、遠慮しないと営業妨害になりそうだ。
ひとしきりの混雑が終わったので、いざ!
…と車から犬たちを降ろしていたら、一台の軽自動車がやってきた。
助手席に日焼けしたオジサン?と見ると、なんとピットブル。
まるで人間のような納まり具合で、窓から顔を出している。
慌てて手術室の方へ、ウチの犬たちを入れる。
手術台で体重を計って血液採取、問診などを済ませる。
タイラー19キロ、アレぴょ30.2キロ。
ちょうど良さそうだね〜。
怖がりのアレぴょ、またお漏らしウ○チ爆弾投下するかと思ったけど、見ただけでお漏らしするほど苦手な先生がピットの方を診ていたので、今日は別の若い先生でお漏らしまでには至らず。
この先生はシェパードを長年飼っているので、シェパに詳しい。
ピットが診察室に入ってる間に、ウチの犬たちを車に載せる。
ピットの診察は妊娠検査。
待合室で、訓練士さんと大喜びで、初めてピットに触らせてもらう。
タイラーくらいの体高だけど、35キロという巨漢の女の子。
全身が筋肉の塊といった体つきで、プロレスラーみたいに素敵!
攻撃性がまったくなく、穏やかな子だった。
レントゲン検査の結果、想像妊娠と分かって飼い主さんは落胆。大事に接してきたのに〜、今後はビシバシとダイエットだぞ〜って。
ピットも帰り、もう一度犬たちを降ろして、うっかり忘れていたワクチン接種も済ませた。
獣医さんの犬とも遊び、雑談もいっぱいして、さぁ〜帰ろうかと、外に出る。
車のキーのボタンでロックを外し、車の後部トランク部分を開け、キーをバンパーの上にヒョイと置き、犬たちを入れる。
「待て!」させてリードを外し、ドアがフワ〜としまったその時!
ドアがキーを挟んで閉まり、<ガチャン!>
ロックが掛かったのでした。
「あ”〜〜〜!!!」
<明日に続く>

ブログ

最近のコメント