大都会の空気

スノボーで捻った膝が痛いので、いつも診て貰う整体の先生のトコへ行こうと決心する。
そう…、決心が必要なのだ。
だってそこは、大都会東京の新宿なンだもん。
湘南新宿ラインっつう便利なモンが出来たのは有難いのだけれど、電車を降りて歩き出すと、私は息が吸えなくなった。
前に東京駅でもそうだった。
東京のど真ん中の水道水を凍らせて結晶を見ると、ぐちゃぐちゃで綺麗な形が出来ないと聞いたことがある。
それと同じ要素が空気にもあるンじゃないだろうか。
若い頃は都会が好きで、雑踏が楽しくて、用が無くてもウロウロとウィンドショッピングして楽しかったのだけれど、今や苦行。
次から次へと近づく人の気に疲れ、バリアーを張らなければおかしくなりそうだ。
なんとか診療所へ辿り着き治療を受ける。
腕の良いこの先生に掛かると、さっきまで曲がらず伸びず「く」の字でしかなかった膝の稼働域が正常になりスムーズな歩行が蘇った。
アルタ前で現都知事が選挙演説をするというから、野次馬根性で見に行こうかとも思ったけど、やたらと多い人混みにメゲて家路を急ぐ事になる。
芸能人みたいにお化粧しているような男の人や、中性的な感じの若い人、流行のメイドさんスタイルの女の子に思わず目が行く。
大きなデパートやブランドの名前の看板を横目に歩く。
そんな新宿にせっかく来たのにどこにも寄らず、何も美味しい物も買わず、電車に飛び乗りトンボ帰り。
観光客の多い鎌倉駅に降り立つと、夕焼けとほのかな潮の匂いに思わず深呼吸する。
仕立ての良い服を身に着けたご老人と、品の良い奥様、そういうカップルが静かに歩いてる鎌倉の街。
新宿みたいに、目を引くファッションの人もたまには居るけど、それは仙人風だったり、和装のお師匠さんだったりでちょっと違う。
空気の味って都会に暮らしてた時には判らなかった。
でも湘南に住んでしまったら、もう東京の空気を吸って生活は出来そうにない。
明日の朝は早く起きて、犬を連れて浜辺を散歩しよう!
朝の空気の美味しさを思い出し、一人でそっと微笑みながら、歩き始めた。
20070331-yuuyake.s.IMGP3198.jpg

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント