行ってみよ〜っ♪

遭難するか、ギリOKの無事生還か!?…ってトコに挑戦するのがチャレンジャー!?
良いお天気に、つい挑戦心が掻き立てられ、アレぴょを伴って散歩に出掛けた。
足の向くまま、気の向くまま。
土曜日だったので人出も多いハズ、人の気配の少ない方へ歩いていこうと、行く先も決めずに気楽に出掛ける。
まず大通りへ。意外と空いてる。
海へ。そんなに混んでない。
海岸に出る。まァまァの人出で、歩けそう。
null「コレなに!?良いモノかもよ?」
じゃあ、いつもの通り、坂ノ下方面へ行ってみよう。
寒いかもと沢山着込んできたので暑くなり、フリースを脱いでバッグに詰め込む。う●ちバッグなので、ちと、お匂いが〜。
坂ノ下で一旦国道に上がるけど、ずんずん歩く。
時々、立ち止まって背伸びをし、海を覗いて見ると、アレぴょも立ち上がって一緒に覗く。
閉まってる駐車場で、訓練をしてみる。良い感じ。
いつもと違う場所でのおべんきょに、ニッコニコで楽しそうなアレぴょがピョンピョン跳ねる。
null
だいぶ、あったまったのでさらに先へ歩く。
稲村ヶ崎の手前の海は、とても澄んでいて綺麗。釣り人がのんびり糸を垂らし、並んでる。
null null
この辺りには、少し観光客。なんたって絵葉書みたいな良い景色〜。
昔々高校を出たばかりの頃、免許取りたて初心者ドライバーの私と仲間達で、稲村洞穴探検を企てた。(今は崩壊の恐れとかで、立ち入り禁止になっている。)
null
それぞれが懐中電灯を用意して、いざ穴の中へ。
大した穴ではなく、大した発見もなく、でもなんとなく面白く遊んで外へ戻ろうとした。
ところが、潮が満ちてきていた。
さっき歩いて入った入り口は、海水がひたひたで進めない。
どーしよう…。
波のリズムを読んで、一人ずつ走るのだ!誰かが提案する。よしっ!
一人、また一人と、縄跳びの輪に入るように洞窟から飛び出していった。
そして、私の前のK美の番。
走り出した彼女は、重たい砂地に足を取られ、見事にスッ転んだ。服も靴もベッチョベチョ。
そして、良い具合に襲ってくる波。
「キャ〜逃げろ、K美!波が来る〜っう!」
笑い転げる私達。
自身のあまりの失態に笑ってしまい、力尽きてどうにでもなれ状態のK美。
助けに駆け戻る良き仲間。
そんな昔の大笑いが、背中に聞こえてくるような気がした。
null
さて、ココから更に七里ガ浜方面に向かっていこう。
砂浜が狭くなってるな〜。
由比ガ浜とは違う貝が落ちてる。面白い。
気が付くとすぐ鎌倉プリンスの看板が見える。
大きな駐車場があるので、デートなカップルで春爛漫な場所。
そこを超えるとまた誰もいない海岸になる。
七里ガ浜の小さな川には、ご丁寧に小さな橋が架かってる。可愛い〜。
川を遡って歩いてみたい衝動に駆られ、上流を覗き込んでしばし考え込む。…でも、今日は止めておこう。
ハーパンでビーサンの季節になったら、やってみよっと。
七里を過ぎるとやや疲れが出てくる。
江ノ島がだいぶ大きく見える。
null
どこまで行く気なのか、今日の私。
国道沿いに歩いているから、遭難は無いにしても歩いて戻らなくちゃならないのは覚悟の上だ。
そんなコト考えながらも根性出して、鎌倉高校前まで来てしまった。
ココまで来たら、小動(こゆるぎ)まで行っちゃおう〜!
武勇伝さっ!
null null
行き着くトコまで行ったら、嬉しくって家族に報告メールを送る。
「ど〜だぃ、やったぜぃっ!」
(ところが電波が無いのか、送れない)
携帯握り締め、海岸を戻る。
「アレちゃん、疲れたから、帰りは舗装された道で帰ろうね。」
私が呟くと、振り返ったアレぴょは迷わず階段を昇り始めた。
コイツは、カンペキに言葉を理解している!
階段を昇りきると国道に出られ、メールは送信された。
国道の海岸側には歩道がないので、押しボタンを押して信号を渡る。
江ノ電が藤沢方面へ走り去る。
いいなぁ〜アレぴょと江ノ電乗りたいなぁ〜〜〜。
なんで犬は電車に乗っちゃいけないのかなぁ〜〜〜〜〜。
null null
舗装された道の歩きやすいこと、あっと言う間に稲村ガ崎に到着。
ココまで来れば半分帰ったようなモン。
null
帰り道の秘密の広場で、疲れも忘れてまたボール遊びしちゃう。
元気な犬と、アホな飼い主。
お互いいつまで元気でいられるか解んないンだから、一日一日を思いっきり楽しく過ごしていこうと思い始めてる。
一緒に歩ける幸せ。一緒に遊べる喜び。
今日も良い日が過ごせました。
今度は、葉山方面に挑戦してみよう〜っと♪

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント