ポーが見てても視聴率?

今年は、花粉症、大丈夫だ。
去年に引き続き、もう治ったのかもよ!
…なぁンてタカをくくっていたら、突然来ましたドカ〜ンとね!
雨の合間、良いお天気の昼下がりに、のんびり浜辺を犬とお散歩。
そんな絵に描いたように暇なコトしてたら、バチが当たったのか?
その日から、鼻はぐしゅぐしゅ水ッパナ。
喉は風邪引いたように痛くなる。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりの三拍子が揃って襲い掛かり、呼吸困難に陥る私の小さな鼻。
翌日、友人の医者に診て貰い、薬を飲んでじっとしてる。
奮発して買った、お鼻に優しいティッシュの箱を抱え込んでね。
外なんか嫌いだ。
目に見えない毒が、空気の中を飛んでいるンだ。
おちおち息も吸えやしない。
こんな季節は、締め切った部屋でテレビが一番さっっ。
ソファにどかっと腰をすえ、光線治療をしながらテレビをつける。
すぐに胸から膝、足先までを埋める猫数匹。
重い。重すぎる。
一匹7キロのが二匹で14キロ、三匹で…。
こんな重荷を載せてちゃあ、休憩もリラックスもないモンだ。
でもそれに耐えてじっとテレビを見る。
するとどこからともなく、ポーが現れる。
我が家の猫6匹の中で、唯一、テレビを見る猫、ポーちゃん。
番組の好みがあるのかどうか知らないけれど、アメリカ大統領選のニュースの時はかなり真剣に見入っていた。
ニュースや天気予報は好きらしい。
特に天気予報で、棒を使った天気予想図の解説には興味がそそられるらしい。
null
そしてアニマルプラネットで生き物が動くのは、もっと堪らない。
お花畑にちょうちょが飛んできたりしたら、黙っていられない。
null
鳥が写ろうモンなら、伸び上がって捕まえようとする。
視聴者参加型のポーちゃん。
今日もまた画面にカブリツキで、テレビを楽しんでおられるようです。
null
猫視聴率は、ちょいとひとつ上げといてください〜。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント