ヴァレンタイン・スノボー

海の仲間で、今年も行ったスノボーツアー。
毎年行ってるから、いつどこへ誰と行ったのやら?うろ覚えの記憶をみんなで寄せ集めて指折り数えてみる。
もう十回以上行ってるよね?
毎年一回以上行ってたしね?
その割には上達しないな〜。
何も足すこたぁないけど、5人の合計年齢は、264才!。
いつまで、こんなコトやってるンだろうね?
ずっと出来ちゃいそうだしねぇ〜?
目指すは350才!?
今回は、パルコール嬬恋スキー場へ。
金曜の夕方こっちを出て、向こうへは夜中に着いた。
雨がパラパラ降り始め、車道や駐車場に雪は全く無い。
明日のゲレンデは、グシャグシャか朝の冷え込みでアイスバーン。
うまく朝方に雨が雪に変わってくれない限り、良い雪は期待出来ない。
山に来たというのに、海の春一番の方が気になってるメンバーたち。
翌朝、思ったとおりのグシャグシャみぞれ雪と、山頂のアイスバーン。
日が昇り、気温が上がり始めると、春スキー状態のベショベショ雪になってきた。
まだこの方が良い。気を抜くと引っかかるけどね。
null
null
null
気温はぐんぐん上がり、2月とは思えない異常な暖かさ。
足が痛いだの、靴を履きなおすだの、ちょっとトイレだの…って、みんなすぐ一休みしたがる初日は、無理しない足慣らしで無事に過ぎたのでした。
そして無色無臭の四阿山温泉に入って極楽〜♪ 
夜は、お子ちゃま連れの賑やか家族連れがきっとバイキングに集中すると読んで、ヴァレンタインディの甘いムード漂うレストランへ。
カップルがキャンドルライトのテーブルで見つめ合う中、中年軍団は奥の長テーブルへ。
キャンドルもムードも関係なく、ひたすらワインボトルを空けて楽しく盛り上がる。
そんな素敵なレストランにも、お子ちゃま連れ軍団は紛れ込んでいた。
奇声発生装置搭載の幼児たちと、周囲の視線に気づくこともなく話しに夢中の親御さんたちグループ。
飽きた幼児たちは、そのうち店内を走り回る。
今、キャンドルライトで見つめ合うカップルも、数年後は、アレの予備軍だ。
昔、子育てしてた頃は、こんなレストランなんて入れなかったなぁ。
ぐずりだしたら、急いで外に出て子供あやして、交代で一人づつ食べてたよね。
子育て終わったオトナは、もっと遅い時間に来れば良かったか?
あ、ダメだ。お腹空いちゃって、眠くなっちゃって、待てないよ。
…って幼児と同じじゃん?
賑やかな家族連れが引き上げた頃には、出来上がっちゃった中年軍団の声が大きくなり、やっぱりヴァレンタインムードぶち壊しなヤツがココにも居たってワケ。
食後、部屋に戻り二次会が始まる。
ちょうど外のチャペル前で、花火大会が始まった。
小さな可愛い花火大会。それでも大いにはしゃぐオトナ達。
そんな最中に、くっさいすかしっぺをするM君。
怒る奥さんAちゃん。
「やだ、M君、プーした!」
せっかくのヴァレンタイン花火大会が、ヴァレンタイン・プーな中年夫婦。
口癖を真似して笑い転げたり、昔話で懐かしがったり、酔っ払いはクドクドと同じ話を繰り返したり。(≧∇≦)人(≧∇≦)
何を言っても聞いてもゲラゲラ笑って笑って、顔筋肉と腹筋をも使い倒した。
コレだけ笑うと、健康に良さそう〜。ヾ(@^▽^@)ノ
幸せホルモンを体中に巡らせ、深い眠りについたのでした。
翌日も雪は同じ。
朝の山頂は、堅い堅い氷のアイスバーン。
こんなトコで転んだら、大変なコトになっちゃうよ〜。
安全にゆっくり滑りましょう。
そう言ってた自分なのに、尻餅ついちゃったぁ。
エッジが流れて、あっっ!と思った時には、思いっきりお尻を打って転がる私。
端っこに…どかなくっちゃ…って思っても、痛くて起きれない。えぇ〜んっっ。
(。>0<。)
何十秒か過ぎて、ようやく上体を浮かせると、大丈夫〜?って仲間。
涙が出た。お尻、痛いよぅ〜。でも骨は大丈夫そうだ。
起き上がって滑り出す。涙が鼻水になって垂れてくる。
もうこのアイスバーンは恐くてイヤ。ズリズリ降りるだけにしよう。。。
下に降りて来ると、もうグチャグチャざらめ雪だから、安心だ。
でも座るとお尻が痛いのよぅ〜。
向きを変えようと転がっても、とっても痛いのよぅ〜〜。
…ってコトでギブ。ラーメンショップに早々に休憩に入る私。
そして靴の調整で付き合ってくれるAちゃん。
すぐに合流する男子チーム。
根性無しの面々である。
雪のコンディションが悪いのと、自分たちの体力が弱いのと、で、今回は滑る本数の少ないツアーになってしまった。
ま、無理は怪我の元だから、また行きたいな〜ってトコで止めておこう。
ゆっくりラーメン食べて、1〜2本滑って山を降り、温泉へ。
「Aちゃん、お尻見て?」
「あ、青タンコブになってるよ〜赤ちゃんのお尻みたいじゃん。」
(><。)。。
浅間山は噴煙が上がっててスリルだけど、とっても綺麗。スキー場の雪に火山灰は見あたらなかったなぁ。
null
軽井沢の別荘地を通り、へぇ〜おぉ〜素敵〜と歓声を上げる。
お店屋さんを散策したかったけど、ほとんど閉まってる。つまんないの。
高速に乗ると、藤岡〜嵐山25キロの渋滞と表示。
ど〜しよう?抜け道があるのか??下の道で行くのか???
だいたいなんで混むのさ?ヴァレンタインドライブなワケ??みんなカップルなのか???
自分たちをさておいて、混雑を人のせいにする。
とりあえず、渋滞の手前、藤岡JCTで夕飯を取る。
お腹いっぱいにしていらいらもしないよう、トイレもしっかり済ませて、いざ渋滞へGO〜!
ドライバーは5人居るし、2時間づつ運転しても10時間までは大丈夫だよ?
でも実際は断続的な渋滞ってヤツで、なんとか流れてドライバーはヴァレンタイン・プーのM君だけで済んでしまった。
今年は、ピラティス効果か体幹がしっかりしていて、スノボーが良い感じで滑れてる。
雪がイマイチなンだけど、もう一回くらいは行きたいね〜。
昨日、ピラティス行ったら、まだお尻が打ち身で痛かった。
先生に「優しくしてね」とお願いする。
それじゃお尻が痛くないので行きましょう〜♪と笑顔なのに、それはそれなりに厳しく鍛えられてしまった。
自分の太ももを見ると、何やら筋肉モリモリな別人の足。
いつの間にやらこんなコトになってたのね。
伊達さんもコレでプロテニスに復帰したというから、私もコレでなにか出来るのか♪
スノボーのせいか、ピラピラのせいか、犬散歩のしすぎなのか…。
体脂肪も少しは減ったし、体年齢もまた実年齢より12才若返ったのでソレを自分の年齢と信じ、更に調子に乗って遊ぼうと心に誓うmaririnなのであった。
v(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ〜♪

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント