Shaka-Do

南風が海へ来ないか?と誘ってくれたけど、もうこの時間からじゃ遅いし…。
…と考えてる私の脳みそを見透かしたかのように、アレぴょが横で私を見上げてた。
「今日も行っちゃう〜?」
タイラーが白目剥いて爆睡してる間に、ソゥ〜ッと出掛けちゃおう!
ドタバタ喜ぶアレぴょに、シ〜ッ。m(~-~m)〜
可哀相だけど、タイラーには一日一回の散歩で充分なのだ。
今朝だって2時間半も海に居たンだから〜。
朝ごはん、10時になっちゃったンだから〜。
あ、しまった、お昼ご飯食べ損なった〜。
そう思ったら、小腹が減ってきた〜。
どっかでドッグカフェなんちゃらが、出来るかしらン♪
昨日に引き続き、人ごみを避けながら、空いてる道を選んで歩く。
六地蔵から地元民しか通りそうもない道へ。
さらに税務署の方へ抜ける。
なんとなく来ちゃった駅方面。人が多くなってきた。
アレぴょが選んだ銭洗い弁天方向。
でも途中で右に折れて佐助トンネルをくぐり、豪邸を眺めながら歩く。
紀ノ国屋の通りをちょっと歩いて、人だけが通れる踏切を渡る。
マズイ!小町にぶつかるYo。
スクランブル交差点のような混雑の中を突っ切って、若宮大路に。
ど〜しよう、よりによって、一番混んでる所に来ちゃった…。
ま、コレもアレぴょには良い訓練。
まったく、人ごみに動じないアレぴょ。
人間の方が、アレぴょを見て、ワァだのキャァだの動じてる。
こうなりゃ八幡様の境内に突入だぁ。
屋台の誘惑に負けそうになりながら、幼稚園から国大付属小の横を通り、頼朝さまのお墓に行く。
(鎌倉に住まわせて貰っております、maririnです。どうぞよろしく〜♪)
「より…より……、なんとかの…。」
まぁ、「よりあさ」って読むかとドキドキ期待しちゃったじゃん、側に居たカップルさん。
頼朝さまにお参りして、岐れ道から大御堂橋へ。
そしてリベンジ、Shaka-Doへ。
釈迦堂口切り通しは、現在崩落の危険の為、通行禁止になっております。
通行しちゃいけません。
入っちゃいけませんょ?
nullnull
突然、大町にワープした私たち、ウロウロして歩いていたら、対向車が、プップップ。
私に合図してる知らない車。誰だぁ〜?
窓から笑顔で声掛けてくれたのは、ピラティスの先生でした。
スゴイ偶然!
犬が大好きな先生は、車を止めて降りてきて、アレぴょに触ったとたんムツゴロウさんに変身。
「ヲ〜シャ、ヲシャ、ヲシャ、ヲシャ…、イエィイエィ…。」
意味不明ながら、大きな先生の長い腕に、笑顔で身を預けるアレぴょ。
しばし道端にしゃがみこんでの、犬談義。
側を通るワンコ連れさんにも呆れられながら。
「お腹空いた…。」
つい呟いたら、先生は、車から豆とチョコの入ったお菓子の小袋をくれた。
「この辺りって携帯が圏外なのょ〜遭難したらこのお菓子で生き延びてね。」
命を繋ぐ一袋をゲットし、私たちはまた元気に歩き始めた。
黄金やぐらってなんだろ〜?見てみよう。
でもそれらしいやぐらは見つけられず、その代わりに素晴らしく魅力的な森を見つけてしまった。
null
少し入ってみると、それは素敵な深い森。
木は大きく、奥へと誘ってくれる。
う〜ん、どこに行っちゃうの?この森は。
きっと逗子ハイランド方面な気がする。
今からだと暗くなっちゃいそうで、これ以上の深入りは、ちとマズイ。
惜しいけど、再チャレンジに来ようね。
ここにまた来られるのかな?
帰る道を時々振り返りながら、チルチルミチルは豆を印に置いてこようかと。
覚えていられるかなぁ〜。
でもね、私のホントの憧れは、朝比奈切り通しを歩いてみること。
ちょっと遠くて、全行程を歩きだとかなりの距離なンだよね。
かと言って、アレぴょはバスに乗れないし。
車でどっかまで行って、駐車しとく?それもなんだか中途半端。
朝から一日がかりのつもりで、お弁当持って遠足っかな〜。
その時には、この秘密の森を通って行くンだぁ〜。
遭難した時の為には、豆とチョコを忘れずに。
楽しい目標がまた出来ちゃったのでした。((○(^▽^)○))

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント