プカプカー、あぢ〜っ!

お盆明けたから、海に出た。
「クラゲいるよー。下、長いの穿いた方がいいよー。」
スクール仲間のアドバイスと、くらげに刺された傷跡を見せられたから、素直な私はウェットを着込んだ。
素足でいたら刺されたというから、ブーツまで穿いた。
まるで冬のように重装備な下半身。
薄い2ミリのシーガル・ウェットとはいえ、気温35度とかいうこの季節には、暑すぎる。
支度をしているそばから、全身汗だっくだく。
スポーツ飲料をグビグビ飲んで、いざ海へ。
一本行って帰って、降りて一休み。
20080821-20080819.s.jpg
暑い〜!と水に浸かると、
「あ〜、腕、水に浸けちゃ危ないよー。」
すぐそばで、他のスクールのインストラクター君が、ボードの上に立ち、股を広げて怪しい動き。
「どーしたの〜!?」
聞けば、水着のお股にカツオのエボシが絡みついたとか!
キャー、やっぱ居たンだ!本当だったねー!コワーイ!
すぐそばの海水浴場では、子供が水着で遊んでいるというのに、端っこの吹き溜まりなのか、ここらにはクラゲが流れてくるみたい。
クラゲに刺される危険を冒すか、暑いウェットで脱水症状の危険と闘うのか、究極の選択迫られるこの季節。
そンでもって翌日もまた普通に海へ。
今日もシーガルのウェット着て安心しちゃおぅ!
でもスポーツドリンク携帯して、水分補給しながらね。
今日は沖へ遠出してみよ〜ぉ!
いつものインストラクター先生と二艇で出発。
ズンズン沖へ向かって出て行く。
アタマん中に流れる曲は、ひょっこりひょうたん島♪
予想に反して、風は無く穏やかな海。
ハーネスワークのいい練習になる。
いつもならこの辺で、タックして帰るンだけど…。
わぉ、ウィンドしてる人の中で、一番沖にいるよ…。
海の色が黒くてコワイ…。
魚の群れがザワザワ泳いでる…。
何度かタックを繰り返して、沖へ沖へとひたすら進む。
時々セイルを落として休み、水分補給。
海に浸かって、涼む。
あー気持ち良い♪
20080821-zushioki.s.20080820.jpg
水の中から突然、セミが飛び出した!?
海面すれすれをパタタタタ〜と飛んで、また水の中へ!
あれってトビウオ〜!?
鰯の群れが何か大きな魚に追われて、大騒ぎしてる。
ジョーズじゃないだろーねぇ?
逗子マリーナの沖まで来ちゃったよ〜。
あの建物で結婚式するのかな。
おぉ〜いっ♪
こんなに沖に来ちゃって、ワタシ帰れるンでしょーか…。
帰りって行きよりも、ラク?
日が暮れちゃったらどーしよう。
浜辺の喧騒から離れて、静かな海面をプカプカ進む。
大島には風が入って来てるらしいけど、まだここまで届いては来ない。
こんな海の上に、インディアンのテントみたいなモンが浮いてるょ。
逗子マリーナはここだよ!っていうマークらしい。
カモメが魚を狙って低く飛ぶ。
そして自己最高新記録の沖を、更新したのだ〜!
20080821-zushioki.s.afternoon080820.jpg
さぁ、それじゃそろそろ帰りましょうか。
ボードを下らせていくと、横波受けて難しい。
「行きはタックで風上に回転してきたから、帰りはジャイブで風下に回転して帰りましょう。」
え〜、そんなぁ…。
ジャイブなんてまだ人生で二回くらいしか成功してないンだからぁ。
それも半年くらい封印して、タックしかしてないンだからぁ。
タックでもいい? あ、ダメ? どーしてもぉ?
何度かジャイブに挑戦して、沈。
誤魔化しながらも、岸に戻ってきた。
波打ち際の足の着くところで、二回ほど挑戦するも沈。
う〜ん、また今度の課題に取っておこうっと。
とりあえず、今日は沖が更新出来てシアワセ〜♪
賑やかだった夏ももうすぐ終るので、これから毎週決めた曜日に、また海通いをしよう!と誓ってみた。
長年の課題であるウォータースタートをこなし、ジャイブなんちゃらが出来るようになれば、いっぱしのウィンドサーファーにもなれるだろーし?
いつのこっちゃか分からないけど、継続はそのうち力になると信じ、
「来週またね!」と、
つい口が滑って、言ってしまったのだった。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

ブログ

最近のコメント