2007年 1月

土曜日、とってもあったかくって南西の風が吹いた〜っ!波もあるっ!!
私にはちょっと強めのコンディションだったけど、つべこべ言わずに挑戦するのみ!
上手なウィンドサーファー達は、朝からウヒョ〜ィ!で海に繰り出している。
よし!今日はビーチスタートの特訓じゃいっ。
おまけに去年の目標、ウォータースタートも特訓じゃあ〜いっ!
スクールに入り、他に生徒が居なかったから個人レッスンとなってラッキーだっ!
風向きを考えて、ボードの向きとセイルの角度と……。
ブツブツブツ。。。
その間、風と波が容赦なくイタイケな私に襲い掛かる。
ボードをちょっと風下に向ければ、バッシャ〜ン!とセイルごと体はすっ飛び、風上に向き過ぎれば、今度はセイルで海中に蓋される。ゴボゴボゴボ。。。
その中間のちょ〜ど良いトコで、「今だっっ!」っと、ボードによじ登る。
20070129-blg.s.beach start.jpg
もちろん私の足には、オオモノのワカメさっ!!
でも足の付くトコだけで特訓してるから、乗ったと思うとすぐ降りるのだ〜。
そして逆向きで戻る練習。
遠浅の材木座だから、練習には最高の環境なのだ。
みんなカッコ良く、楽しそうに乗ってて羨ましいなぁ。
20070129-s.blog.hiro.jpg
私も、ちゃんと長い距離走れる、カッコイイ、ウィンドサーファーになりたいのだ〜っ!

またまた川で遊んでる、見慣れない2羽を発見。
20070129-blog.s.2bird.170.jpg
白いコは、白鷺かな?
もう1羽の大きいコは、誰!?
ペリカン?鶴?コウノトリ?
null

ここ数年、二週間に一回の更新を続けてきたかじやら。
ハヤリのブログになったこともあり、もっと気楽にもっと頻繁に書きたいことを書いて行っちゃおう〜と思います。
なので、もうすでに更新日は関係なく書いてます。
でもね。。。
更新予定日の締め切りに追われるライター気分って、そう易々とは抜けないモンなのよ〜〜。
ってコトで、今日は更新日だったから、小話でもお一つ。
こないだ、とある週末に、雪山の師匠に誘われて、富士山に行ってきました。
20070125-1sMt.fuji 012.jpg
朝6時出で、2時間もしたら着いちゃった。
日本一の富士山に、こんなにもお手軽に来られちゃうなンて、神奈川県民は恵まれてます。
アタマの雪はだいぶ増えていて、青空と富士山はと〜っても綺麗。まるで絵葉書のようでした。
20070125-2sMt.fuji 013.jpg
20070125-3sMt.fuji 005.jpg
雪の積もった公園で、アレぴょをぴょんぴょんさせたあと、近くのイェティへ行ってみる。
でもチケット売り場が長蛇の列。
…で、ナビに誘われるまま山梨県へ廻る。
山梨県から見る富士山は、形が違い、別の山になってる〜!?
アレを車の中でお留守番させ、フジテンパークとかいうスキー場へ行ってみる。
リフトが3本しかないので、気楽に頂上へ行ってみると、コブコブの凄い斜面!舐めちゃいけなかった。
ず〜りずり。
一番混んでる下のリフトが一番滑りやすくて楽しかった。
3本滑ってお昼を食べて、ウチに着いたのは昼間の3時。
もちろん、その後はしっかりお昼寝しちゃったし〜♪
ものすご〜く充実した一日で、人もアレぴょもシアワセな週末なのでした!

黒い鳥ご一行さまは、海鵜と言うのらしい。
材木座海岸の玉石にぎっしり集まっていたので、パドボーに座ってそ〜〜っと近寄り、野生の生き物観察してみた。
アニマルプラネットに出てくる冒険家気取り。
野生動物を驚かせないよう、でも出来るだけ近づいて静かに気長に観察〜♪
黒い鳥の中に白いのも混じってて、まるで仲間のような顔でいる。
あれは白鷺かな?大きくて綺麗だ。
じゃ、そろそろ引き上げようと、ゆっくり方向転換したら、一羽が飛び立った。
…と思ったら、つられて次々と飛び始め、結局全部の鳥が山の向こうへ飛んでっちゃった。
ごっめんね〜。怖がらせちゃったかな〜。
一羽づつ紐で繋がってるかと思うくらい、横一列?に綺麗に並んで行ってしまった。
海面では何が楽しいのか、大きめの魚があっちでピョン、こっちでもピョンって跳ねている。
パドルに魚掬う網を仕込んで、晩御飯のおかずにしたいな〜っ。
今日も最高のパドボー日和でしたっ!
20070122-s padobo.jpg

今朝の海岸散歩中、鳥さんたちの団体旅行に出くわした。
日本野鳥の会に数えて貰いたかったけど、仕方なく自分で、急いで端から数えていって、コレっくらいの塊が20羽だから、40、60、80…。
えええ!?150羽以上!?!?
\(◎o◎)/!
カラスよりも一回りくらい大きくて、黒っぽくて、嘴が大きく尖ってて、首に白っぽい輪があって…。
ナンて鳥でしょう?
う〜ん、鳥の種類って詳しく無いンだよね〜。
大勢さんで海に浮かび、ワサワサと飛び、また海に浮かんでお食事中みたいでした。
「今年も○○鳥が飛来しました!」
…って言うテレビニュースにありがちな光景。
カモメの群れとちょっとイザコザしてたけど、数で負けてないからちょっと強気。
でもこのへんに住んでる鳥ではない。
どっかから団体でやってきた冬の観光客だね、きっと。
鳥好きなタイラーは、「アォアォオオ〜ン!」って歓迎してた。
カメラ持ってなかったから、このオドロキがリアルに伝えられなくて、超〜〜残念!(´ヘ`;)

イングリッシュ・セッター犬のタイラーは、歩く時、右なら右の前足と後ろ足を同時に前に出す。
緊張した人の入場行進みたいで、なんともマヌケに見えるのだが、コレは「なんば歩き」と言って、江戸時代まで日本人が使っていた歩き方なンだそうだ。
長い距離歩く時とか飛脚とか、この歩き方だと疲れないンだとか。
猟犬として疲れない歩き方、ユルミ方を知っていたタイラーは、もしかして武士の心得を知っている湘南スロウライフ犬なのかもしれないね。
20070117-sIMG_0689.JPG

どーして、ちっとも上手くなンないンだろ〜〜。
( ̄〜 ̄;)??
ウィンドサーフィンを始めて、ほぼ5年。
始めた時からあまり上達を感じられないまま、今に至る。

20070111-samui.jpg

やってる年月より、乗ってる回数と言われるウィンド。
あんまり頻繁に乗ってこなかったっていうのもあるけど、去年の目標であるウォータースタートも達成せず、新年を迎えてしまった。
ビーチスタートの成功率は上がった気がするけど、相変らずへなちょこな私は、タック(風上への回転)もあたふた、ジャイブ(風下への回転)が出来ちゃうと自分で驚く!
なんとかもう一皮剥けたいな〜と思ってる。
そーだ!冬に乗れば上手くなると誰かが言ってたじゃん。
雪が降る中、乗れる自信は無いけれど、イケるトコまでイってみよ〜っと。
いつもの友人と、毎週一度は海に出よう!と決めてみる。
次は、何日に来よう!と必ず約束し、今年になってもう二回も海に入ってしまった。
風が吹けばウィンドサーフィン、風の無い日はパドボー、と、やれることはあるンだし。
おけいこゴトと割り切って、気象条件は二の次で、とにかく海に通ってみよう〜。
(-^〇^-)
11月すぎても海に入るなんて、今まで無かったコトなのに、今年は暖冬でアッタカイからまだ出来る。
それでも、朝、ゴミ出しに外へ出ると、水溜りには薄い氷が張るようになり、空気はキ〜ン!と肌に刺さる。
ウウウ…さぶい、もう限界か!?今日はもう諦めるか……。
llllll(- _ -;)llllll
揺れる気持ちを察するように入る友人からの携帯メールは、元気印で引っ張られる。
「何時頃行く〜〜う?o(^v^)o」
少しでもお日様の恩恵を頂こうと、海には昼から入るコトにしてる。
フルスーツの下に、ホットカプセルという長袖を着込み、その下には皮下脂肪という肉襦袢でパッツンパッツンのハム的ボディ。
着膨れて動き辛くなるけれど、寒さにゃあ代えられない。
こないだはウィンド用の、手のひらの無い手袋を奮発。
濡れる指の寒さ対策しながら、握力も必要だからねぇ。
p(#^∇°)q ファイトッ
友人に貰ったサーファー靴を履いて、あとはアタマに被るのがまだ無いけど、ニット帽ってワケにもいかず…。
海用のカイロがあるというので、すぐに欲しがったけど、気温10度のこんなあったかい日に使っちゃダメ!と断られる。
何度も使えるスグレモノらしい。
とりあえず、この格好なら海に出ても寒くは無い。
指先も素手の時みたいに、ちぎれるような寒さは無く、足先も大丈夫。
少しは水が入るけど、体もそんなに冷たさは感じない。
ウィンドはボードに立ってるから、水の冷たさは落ちたときだけしか感じない。
濡れた部分が風に当たって寒くなるけど、やってる時は夢中だからなんとかなってる。
こないだの大西が吹いた時には、上手な人しか海に出られないコンディションだったから論外だけど、翌日の小西?には乗ってみた。

20070111-kitakaze.jpg

まだ波が残ってて、もたもたとタックをしていると、後ろから来る波に足元すくわれて簡単に落ちる。
何度もそれを繰り返し、腹が立つから波を見ながら急いでタック。
でも揺れるからうまくはいかない。
C= C= C= C= ┌(;・_・)┘
冬だというのに、ウィンドサーファーもサーファーも、沢山、出ていて、まるでゴールデンウィークみたいに混んでいる。
私にはある一定の狭い範囲でしか乗れる領域が無いから、ココから乗って、あの辺りでタックして、ココまで戻るというラインがあるのだけれど、人がいて思うように乗ることが出来ない。
タダでさえ思うように乗れないスキルの私、人を避け、波を避け、練習してるトコは、吹き溜まりのゴミだらけの海。
南西の風が吹いて大荒れだったので、海にはゴミがたっくさんなのだ。
川のゴミがみ〜んな海に流されて来てるンだね〜。
ホカロンの袋、スーパーのポリ袋、割れた布団干しバサミ。
自然には帰れない人工物は、海に流れて来て欲しくないモノばかりだ。
さあ行くゾ!っとボードに乗せたその足には、ワカメが絡み、アタマに担ぐセイルには、ワラみたいなゴミがベッタリまぶしてある。
ピラピラと足首にワカメをはためかせ、ゴミだらけのボードを操り、アタマにワラ乗せて走る着膨れウィンドサーファーは私だ!
( ;; ̄3 ̄)
ナニもそこまでして真冬にやること無いじゃんって呆れる人は多いケド、また次の約束日があるから、まあ深く考えずに、また挑戦してみよう!と思うワケ。
今日が限界?もう寒くてダメか?と思いつつ、
「北風を練習すると上手くなる!?」
そう信じて海に出るのもまた楽しい。
o(*^▽^*)o~♪
帰り道、まだ濡れてる髪に降ってきたのは、大粒のミゾレだった。
`*:;,.★ 〜☆・:.,;*

ブログ

最近のコメント